友達の皮膚も以前とは違う

先日、面持に皮膚の異変が出てしまい、そのためにスキンケアを変えないといけなくなりました。
といっても困難工夫をかけたのではなく、メーキャップ水を市販の商品から手作りのものに変えただけです。グリセリンという水を混ぜただけのメーキャップ水を用いました。
一時期、こういうメーキャップ水だけでスキンケアをすませていました。皮膚に刺激をあたえたくないからだ。
これだけで皮膚はなかなかうるおいます。このまま終始使っても相応しいぐらいでした。
けど、ともかく普通に売られているメーキャップ水も使いたくなるもので、けっきょく皮膚の速度が安定した辺りにこういう自作メーキャップ水を作るのはやめました。
自作メーキャップ水を活かし終わり、近くのコスメティックス店にメーキャップ水を買いに行ったときは、甚だやる気がのぼりました。皮膚の速度が悪くなってから、そういった店に乗り物をのばすこともなかったので久々だったし、自分の皮膚に塗りつけるものをそうして買えるは幸せなことだと、そのときあらためて思いました。
コスメティックスは皮膚に塗り付ける前、選んでいるときにも効果があるような気がします。コスメティックス店におけるだけで美の効き目がありそうですし、コスメティックスを選ぶときの、まだまだ華やいです気持ちは癒しにもなります。
シンプルな自作メーキャップ水も腹一杯効果があるとわかっていても、メーキャップ水や美液やその他のコスメティックスでスキンケアをするのはやめられないだ。マガジンのコスメティックスのレジメには目を通しますし、好きな銘柄の新商品のレジメは定期的にチェックします。そういうことをするのがおかしいし、これも美のひとつだ。
層と共にスキンケアも変えないといけないだ。最近はアンチエイジングとか変色対策のコスメティックスに期待があります。周りのおんなじ年の友達の皮膚も以前とは違うし、そんな層だということは嫌うという・・としている。自作メーキャップ水では解決しない差もこれから出てくると思います。ドグマチール(スルピリド)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする