四六時中多少なりともあるく事を指しました

常々余裕運動していないせか、体重が増えてきました。これではいけないと思い、四六時中多少なりともあるく事を指しました。それでもただあるくだけだと、週もやると飽きてしまう。そうするとまた歩かなくなり、体重が増えて来る。マークがないとどうも積み重ねる事が厳しいものです。

取り敢えず、「ワンデイ一万歩」のマークを掲げてみました。そうしてシャカリキに四六時中、一万歩目標に万歩累計を持ち出して駆け回りました。万歩累計のカウンターがナンバーを刻んで出向くのを確かめるのは、確かに情緒の継続になりました。それでも些かがんばり過ぎたようです。膝に違和感を捉え始めました。病院に行くといった、「駆け抜けすぎです。」と言われ、四六時中一万歩のマークは一時お休みだ。

そんなことであるくことをちょっぴり止めていたところ、本番の「ポケモンGO」が流行り始めたのです。自分の携帯にも「ポケモンGO」を導入して、いくぶん遊びしてみました。やってみるとかなりうれしいんですね。ポケモンを結わえるという態度が控えめですが、こいつにははまります。歩いてポケモンを探してGETする、これは毎日の実行に向いていると思いましたね。

膝の容態が良くなったので、テレホンを片手に近くの公園を歩いてみました。ポケモンが出現するといった、テレホンが揺れしますので一旦あるくのを止めてポケモンの維持事務にかかります。維持したらまたあるく。こういう繰り返しで公園を駆けます。

もっと足つきっぱなしにはならず、休み休みあるくのが良いです。いまひとつ疲れた感じがしません。途中から自ら「ポケモンGO」をするのではなく、夫人と共にやることにしました。

二人で始める奴と歓びが増えますね。マークが確定でなく、たび変わることで飽きがきません。足つき事が楽しみになります。「ポケモンGO]のおかげでウエイトも収まり、夫婦ともども体だ。積み重ねる事がマキシマム大事ですが、どんなに続けられるかが問題ですね。http://睡眠薬.biz/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする